20代後半のお肌の移り変わり

スキンケア

「お肌のケアは早めにやった方がいいよ。」

「25歳を過ぎたら、お肌が変わるよ。」

http://www.freepixel-webdesign.com/

あなたもどこかで、そんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

10代〜20代前半。そこまで気にしなくても

お肌は見た目も質感もいい感じだった方も

20代後半になり、上記の言葉を「やっておけばよかった。」と

痛感する方もいらっしゃると思います。

私たち自身、お肌との付き合いと悩みも変化しますよね。

■10代〜20代前半

・校則で化粧は禁止のため、すっぴんで登校

・学校が休みの日に友達と化粧をして遊ぶ

・大学や専門学校、働き出したことをきっかけに化粧をするようになる

中学・高校の頃はニキビで少し悩むことがあったものの

それが落ち着いたら、化粧水と乳液を塗っておけば特にお肌のトラブルはなし。

上記だった方も多いのではないでしょうか。

しかし、20代後半。化粧はマナーとして必須となった中で、

「あれ?頬のこんなところに小さな茶色い斑点なんてあったっけ?」

・お風呂から上がったらすぐに化粧水・乳液、

 時にパックをしないとお肌が乾燥してしまう

・お肌をじっくり見てみるとシミ予備軍のような茶色い斑点がポツポツと見える

・毛穴が目視できるようになっている

こんなことはありませんか?

なぜかというと、年齢を重ねるうちに

皮脂量は増え、水分量は減ります。

すると、バランスが崩れがちになるのです。

今と同じお肌の状況を半年後、1年後、5年後も保つには

スキンケアと生活習慣を年齢と体質にあったものにする必要があります。

お肌は毎日自分で鏡で見ます。

出会う人全てもあなたのお肌を見ます。

ケアひとつで第一印象にも違いが出るはずです。

自分にあったお肌のケア方法を見つけましょう。