マスク着用で?シミができる?こわい!

スキンケア

人と会うときはマスクをつけるのが、常識になっているコロナ禍の現代。

マスクを外して、鏡をじっくり見てみてください。

目の下などに、シミができていませんか?ととのうみすとを辛口評価!

または、色素沈着の一歩手前みたいな、くすみはありませんか?

最近、マスクの摩擦により、肌のくすみやシミができたという人が多くなっています。

顔にシミができると、老けた印象を与えてしまうので、がっかりしますよね。

でも、シミの原因だとわかっていてもマスクは外せない。

マスクを着けつづけると、肌に負担をあたえるとわかっているのに…。

どうしたらいいのでしょうか?

マスクの外縁が、軽く肌を圧迫・摩擦して色素沈着やシミの原因です。

また、マスクで顔をおおうことにより、

鼻や口のまわりが密閉されたような空間になります。

その結果、呼吸による水分が蒸気となり、マスク内にこもる。

この湿気が持続した状態がつづくため、

お肌を守っているバリア機能が乱れてしまいます。

そのため、肌のターンオーバーが崩れて、シミなどが増える原因に。

このときに、美白化粧水やシミ取りの化粧品などが、あなたの強い味方になります。

スキンケア用品を選ぶときは、紫外線から肌を守るUVケアだけでなく、

シミを防ぐ成分や、美白有効成分が配合されたものを選びましょう。

老けた印象を与えるシミの原因が、マスク着用だなんて、こわいですよね!

紫外線対策だけでなく、美白有効成分などのはいったスキンケア用品を選んで、

シミを予防したいですね。

マスクを外しても、若々しいあなたでいてください!