メイクを躊躇するほど肌が弱いです

スキンケア

私の肌の悩みはメイクができないこと。いわゆるメイクが出来ないほどに肌が弱いんです。メイクをすると軽くファンデーションを載せただけでもBBクリームをぬっただけでも、5時間くらいすると顔が痛くなってきてしまいます。なので、フルタイムで勤務する場合、メイクを躊躇してしまいます。メイクを落とすときもこれはこれで大変でクレンジングオイルを使うと、これもすごく痛い!

FACEEリキッドセラムプラスは販売店で市販されている?私の口コミと効果をこっそりご報告!

 社会人になりたての頃は、メイクで顔がひりひりしているところに化粧を落とそうとすると、とどめのような痛みが待っているという二重苦にさいなまれました。

あの頃はなれない仕事でくたくたになって帰宅したのに、全然ほっとできない毎日をすごしていたなぁ… あまりの痛さにクレンジングの手を抜いていたようで肌にぶつぶつがたくさんできてしまい、会社の先輩に「肌に優しい生活をしなさい」と注意されたのをこれ幸いとメイクをやめてしまいました(先輩はメイクをやめなさいと言いたかったわけではなかったんでしょうけれど…)。

 メイク落としに関しては「メイクを落とせるウェットシート」でも痛くなります。実は、メイクを始めて20年くらいメイク落としやシートは痛くなるものだと思っていました。「こんなに痛いのにみんな我慢してメイクしてるんだ。えらいなぁ」といつも感心してましたよ。ふつうの人は痛くならないと知ったとき驚きよりも「みんな肌が丈夫なんだなぁ」と感慨にふけったことを覚えています。

 今、コロナ禍でみんなマスクして外出していますが、マスクをしていると堂々とノーメイクでいられるので「コロナが終息してもマスクして外出する習慣はのこらないかな」と期待しているところです。