20代も白髪が?油断禁物!原因とは?

白髪

白髪染めだけでは回避不能?髪の色のメカニズムとは。
髪は元々黒ではなく白なのです。
黒になるのは、メラノサイトという色素細胞の働きによるものになります。
細胞は加齢とともに少しずつ衰えていき、一般的には35歳以降から白髪が増え始めます。
今では白髪染めで一時的に綺麗にできますが、時間が経てば元どおりの色に戻ります。
原因を知ることで、根本からケアすることができます。そうすることで、健やかなツヤ髪を手に入れられるでしょう。

ボタニカルエアカラーフォームを辛口評価!私の口コミ&体験談が衝撃的?

白髪ができる原因
1. ストレス
心の健康は肌や髪にも影響する。
白髪を根元からカットしてみると、白と黒が混じったしま模様になっている場合があります。それはストレスが原因です。
ストレスが頭皮に刺激を与えることで、色をつくる色素の働きが弱まってしまいます。
ストレスが日頃から多い人は、リラックスする時間を作ることや好きな曲を聞くなど心の健康も意識することが大切です。

2. 食生活
正しい食生活でしっかり栄養補給をする。
食生活が乱れて栄養素が十分に摂取できていない状態では頭皮も栄養不足になります。
メラニンをつくり出すために必要な酵素を摂取するには、栄養補給が活性化することに繋がります。
白髪が気になる人はまず食習慣を見直すことが必要となり、酵素の活性化に役立つ食材を積極的に食べることです。

白髪予防に良い栄養や食べ物について
髪に必要な栄養素は、ヨード、チロシン、銅です。
海藻や魚介類、チーズ、そして果物にも含まれており、バナナやアボカド。納豆も効果的です。
その中でも細胞の代謝を促進させるヨードが重要なのです。ヨードはひじきやワカメ、海苔などの海藻類になります。毎日摂取するといいでしょう。

3.睡眠不足
ホルモン分泌が減る、血流不全などの原因。
髪を黒くするメラノサイトは細胞のひとつ。
細胞の働きを活性化させることや生まれ変わりをサポートするのが睡眠中に分泌される成長ホルモンです。
睡眠不足でホルモンの分泌が少なくなり、細胞が弱まります。すると、血流不全になることで白髪ができる原因になります。

頭皮マッサージで血流を促進
血液は栄養や水分を細胞に届ける運搬役です。血流が悪くなると、運搬がうまく行われなくなり、細胞が栄養不足になります。頭皮マッサージで、頭皮の血流を促し栄養を行き渡らせます。頭皮が柔らかくなり黒毛に変わりやすくなります。