長年の日焼けによるシミとくすみ

スキンケア

日焼け止めの必要性を知らなかった子供の頃、外で遊ぶにも海に泳ぎに行くのにも、紫外線をバンバン浴びて真っ黒に日焼けしていました。高校にあがり、当時流行っていたのはガングロ。黒い方が健康的で、黒い方が痩せて見える、それが可愛いと思い込んでいました。日サロに通い、自宅のベランダに出てまで日焼けをする毎日。

アスハダの効果

年齢を重ね20代中頃になると、流行も終わり世間では美白が美しいという流れに。それまであった「日焼け用オイル」というのは消え、店頭に並ぶのは全て「日焼け止め」に変わりました。流石に焼くのをやめそろそろ肌のことも考えなければと考え始めた頃には、私の肌はぼろぼろでした。日焼け跡もニキビ跡も全てシミになり、毛穴は広がりイチゴ鼻。そのうえ乾燥からかぎとぎとのオイリー肌になっていました。ファンデーションで隠そうと色々試しましたが、厚塗りになるだけでなかなか隠れません。リキッドファンデーションを使い、やっと隠れた!と思うと、今度は脂で浮いて、小鼻から口元にかけてまだらになってしまいます。

TVのCMや広告で見る女優さんの毛穴もシミも一つも無い肌はどうやってできてるのでしょうか??やはり子供の頃からケアしてないとあんな風にはならないのかなぁといつも思います。鏡を見るたびに後悔ばかりです。ネットで肌ケアの仕方を調べて実践していますが、なかなか成果が出ません。これからますます年齢を重ねていくのに、どのようなケアをしたら良いのか知りたいです。