サラサラヘアからカサカサ頭皮に?!

育毛

今まで私はサラサラヘアを維持するために、食べ物は偏食せずに気を付けて、シャンプーする時はまずお湯で流し、ジャンプーを手で泡立て、指の腹で優しくマッサージするように洗いすすぎ、リンスはお湯で薄めたものをかけて、すすぐ…など気を付けていました。

効果あり?Fasa(ファーサ)育毛剤を使用した私の口コミ体験談!

そして、その甲斐があったせいかサラサラヘアを維持し、周りからも触られる程でした。
年齢も重ね、疲れている時は少々パサついてきても、サラサラヘアなのは以前として変わらず、
美容室でパーマをかけたくても、サラサラし過ぎてパーマがかからない事もあったのでした。
サラサラヘアは触り心地も良く、艶もありました。
しかし!年齢が中年に差し掛かった頃、

「あれ?頭が痒いなぁ…」
そんな日が続き、痒さに我慢できず頭をボリボリ掻いてしまったのです。
それは時に爪に血がついてしまう程…
「やばい!血が出ちゃった…」

そして肩にはフケがパラパラとあるではありませんか。
自慢のサラサラヘア…それが理由のわからない頭皮の痒みで一変してしまいました。
困難はこれだけではありません。
掻いてしまった痕の瘡蓋が治る前に掻いてしまったり、ジャンプーをしてもフケが治まらず
ついには、今までシャンプーは何を使っても大丈夫だったのですが、シャンプー液が頭皮に着くと
ヒリヒリし始めたのです。

それからは、シャンプーを選ぶ時は天然成分配合や弱酸性などの物を選び、痒くてもなるべく我慢して過ごすようにしました。
少し良くなっても、フケが止まらないので
カットに行きたくても恥ずかしい…
人から頭を見られているような気がする…

など、外出する度に帽子を用意したり
フケを取るために粘着テープのコロコロを用意するようになりました。
何としてでも原因を突き止めなければ!
実は頭皮の痒みと平行して耳の痒みも発生していました。そして喘息も…

原因は飼育しているペットアレルギーと餌である牧草アレルギーでした。
実際に原因の物から距離を置いたり、仕方なく触れるときはマスクや手袋を装着するようにした所、症状が和らぎました。
今回の事で改めて髪だけでなく、頭皮も含めて髪の健康を考えていこうと思いました。